171027_01

YouTube好きのWeb広告業界人が語る「YouTubeマーケティング」とは


こんにちは。nex8事業部の石井です。
皆さんは普段YouTubeを見ていますか?
今ではほとんどの方が接しているかと思いますが、実はサービス開始は2005年からと歴史は浅いYouTube。
ここまで大きく広まったのもここ数年のことで、僕がYouTubeにどっぷりハマり始めた5年ほど前は、今ほど浸透していなかったように思えます。
このYouTubeをはじめとした動画サービス成長の要因としてはやはりスマートフォンの普及が大きいでしょう。
視聴環境が多様化し、いつでも好きな時間に見たい動画を視聴できるようになったことで、生活者がより動画サービスに接しやすくなっていることが考えられます。

そんな動画サービス大手のYouTubeをビジネスに活用することは、今のWeb業界にとって、かなり重要ではないかと思います。
そこで今回はYouTubeを活用した、マーケティング方法についてご紹介をしていきたいと思います。

YouTubeマーケティングについて

まずはYouTubeマーケティングについて簡単に概要を紹介します。

名前の通りでYouTubeを使って自社のマーケティング活動を行っていくのですが、実施する大きなメリットは動画でのアプローチが安価にできる点にあります。
動画での広告というとまずテレビCMがありますが、世間への影響力は大きい半面、たくさんの費用がかかってしまいます。
それに比べ、YouTube内での広告配信は比較的安価でターゲットを絞って配信もできるため、自社のアプローチしたいユーザーに対して予算に合わせた利用をすることが可能です。
また自社サイトに視聴者を誘導したい場合、WebサイトへのURLに遷移させるようにし、そのまま購買などの具体的なアクションに繋げることが出来ます。

その他にも様々な活用ができるYouTubeマーケティングの方法を、「YouTube広告への出稿」、「YouTubeチャンネルの作成」、「インフルエンサーの活用」の3つに分けてご紹介していきます。

YouTube広告で出来ること

YouTubeの広告には「TrueView広告」と「バンパー広告」があります。
これらは、Google AdWords(アドワーズ)を通じて、YouTubeやGoogleディスプレイネットワークへ配信できる動画広告の総称です。

利用するにはYouTubeアカウントとGoogle AdWordsのアカウントが必要になりますが、無料で開設ができ、広告配信費用以外の利用料は発生しません。
それでは、TrueView広告とバンパー広告について簡単にご紹介します。

■TrueView広告
TrueView広告においては興味がないユーザーへの広告表示での課金が発生しにくい仕組みのため、コストパフォーマンスの高い効果を出すことができるでしょう。

TrueView広告はインストリーム広告、ディスカバリー広告の2パターンがあります。
インストリーム広告は動画が再生されるディスプレイに配信され、ディスカバリー広告は YouTube の検索結果などに表示されます。

■動画再生ページ
1027_display

■検索結果ページ
1027_search

●(TrueView)インストリーム広告
さらにインストリーム広告は配信されるタイミングによって以下3種類に分けられます。

・プレロール広告(ユーザーが視聴する前)
・ミッドロール広告(視聴途中)※動画本編が10分以上のみ
・ポストロール広告(視聴後)※動画本編が10分以上のみ

ミッドロール広告とポストロール広告は配信条件があるため、ショート動画が多いYouTubeでは主流はプレロール広告(動画視聴前)になります。

スキップが可能な広告で時間に大きな制限はなく(30秒が多い)、動画再生前5秒間の広告を再生後、右下に現れるスキップボタンを押せば動画本編の再生が始まる仕組みです。

課金条件
・動画広告を30秒視聴する。
・動画広告のリンクから自社サイトへの遷移等、アクションを起こしている。

プレロール広告(動画視聴前)にはスキップができないノンスキッパブル広告も存在します。
30秒のものが多く、ユーザーはこの時間中広告の視聴を強制されます。
課金体制は動画が表示された時点でCPM(Cost Per Mille)課金となります。
ただ、長い時間広告を強制的に視聴しなければならないのでユーザーの負担となり、懸念されてしまうこともあり、Googleは2018年までにノンスキッパブル広告を廃止すると発表しています。

●(TrueView)ディスカバリー広告
以前は「TrueView インディスプレイ広告」と呼ばれていたフォーマットです。
YouTubeのトップページ、検索結果ページや各動画再生ページに表示され、ユーザーがクリックをしない限り動画広告の配信はされません。
そのため、インストリーム広告に比べ興味関心の高いユーザーが多いと言われています。

課金条件
・広告がクリックされたタイミングで料金が発生するCPC課金

 

■バンパー広告
バンパー広告は、2016年5月より新しいフォーマットとして開始しています。
配信箇所はインストリーム広告と同じく、動画が再生されるディスプレイ上で、一番の特徴は広告の配信時間が最長で6秒間のスキップ不可であるということです。

配信が6秒間のみなので、短い時間でユーザーに訴求するようアピールポイントを詰め込む必要がありますが、その分ユーザーにストレスなく商品やサービスを印象付けることができます。
また広告再生時間が短いため、サイト遷移を誘導するというよりは、ブランディングに向いていると言えるでしょう。
個人的には最近、このバンパー広告を出稿している広告主が増えているように感じます。

課金条件
・広告が配信されたタイミングで料金が発生するCPM課金

TrueView広告とバンパー広告の配信はどちらもGoogle Adwordsの機能を使って性別や年齢、キーワードなどの細かい指定をして配信ユーザーを絞り込むこともできますし、ユーザーリストを作成し、そのユーザーに対して広告配信をすること、つまりリターゲティング広告の配信も可能です。
例えば、動画広告を視聴したユーザーに対して別のWebサイト上にバナー広告を配信したり、サイト訪問履歴のあるユーザーにだけ動画広告を配信したりすることができます。

配信したいユーザーをターゲティングして配信できるようになっているため、無駄なく広告を出すことが可能になるでしょう。

YouTubeチャンネルでの動画投稿で出来ること

次に、Youtubeチャンネル上で動画投稿することで出来ることを紹介していきます。

まずは投稿するためにYouTubeチャンネルを作成します。
YouTubeチャンネルとは、YouTube上に作成する会社のホームページのようなイメージです。

1027_creator

YouTubeチャンネルを作成するにはGoogleアカウントが必要ですが、すでに持っている場合は、YouTube画面右上からログイン後、「クリエイターツール」をクリックし「チャンネルを作成する」から作成することが可能です。

ユーザーが動画に興味をもち、自社のYouTubeチャンネルに「登録」してもらえば、最新の動画をアップロードした際にそのユーザーが目につきやすいところに動画が表示されるようになります。
YouTubeでのチャンネル登録はTwitterやInstagramでのアカウントフォローに似ていますね。
チャンネルを作成し動画投稿するメリットは大きく5つあります。

メリット①:無料で大規模な人数へのリーチが可能
YouTubeは世界最大の動画共有サイトです。
よく検索されるキーワードの動画をアップロードして、うまく「急上昇」に入ることができれば、大規模な人数にリーチすることができます。

メリット②:ソーシャルメディアへの共有がしやすく、拡散しやすい
YouTube動画はFacebookやTwitterなどのSNSとの相性が良く、ユニークな動画や品質の高い動画はSNS上で拡散され一気に広まって話題となり企業の認知度UPにつなげることができます。

メリット③:自社サイトへの活用
自社のサービスサイトや商品ページを持っている場合は、そこに動画を埋め込むことで商品のよりリアルな情報をユーザーは知ることができ、購買に繋げることができます。
またそこからYouTubeチャンネル登録を促すこともできますね。

メリット④:Web検索結果からも流入を狙える
Googleの検索結果と関連性が高いので、YouTubeでの動画検索結果ページではなく通常の「Web検索結果ページ」にも表示がされます。
特に「具体的な商品名」や、「◯◯をする方法」など具体的なキーワードはWeb検索結果画面に動画が表示される傾向が強いようです。

メリット⑤:動画の分析も無料で出来る
YouTubeでは、「YouTubeアナリティクス」が無料で使用できます。
これは流入元や視聴者がどのポイントで動画視聴を止めているかなど、チャンネルや動画に関するさまざまな指標を得ることができます。

しかし動画をアップロードする際には、ただやみくもに投稿すれば良いわけではありません。
動画の再生数を増やし、企業の認知度を上げるには様々な工夫や以下のような注意点も考慮しなければなりません。

注意点①:効果的な動画を制作する
長時間の動画よりも、数分の短い動画が見られやすい傾向があります。
短時間で魅力が伝わる動画を作成・配信することが重要になるでしょう。

注意点②:タイトルやサムネイル画像にも注力
タイトルにはキーワードを設定し、クリックしたくなるようなものにしましょう。
またサムネイル画像なども目を引くような画像が視聴されやすいです。

注意点③:投稿数を増やす
なにより定期的な配信を続けないことにはチャンネル登録者数は増えてきません。
動画数が増えれば、関連するその他の動画も視聴してくれる可能性が高まります。

171027_02

このような注意点に気を付けながら、自社で動画を撮影・編集して投稿、チャンネル登録者数を増やしていくことは、時間をなかなか作れず、実施が難しい企業も多いかと思います。
そんなときは人気のある動画配信者(YouTuber)とコラボレーションするのも手段として考えられます。

YouTuber(インフルエンサー)を活用して出来ること

インフルエンサーとは、人々に影響を与える人物を指し、YouTube上のインフルエンサーのことを「YouTuber」と呼びます。
近年は職業にしている方も増えてきていますよね。
このYouTuberに商品やサービスの紹介を依頼し、YouTuberが動画を作成・配信するという流れです。

紹介したい商品がコスメ系の商品であれば、メイク動画で人気のYouTuberにレビューをお願いすることで、自社で動画配信をするよりも良質かつ膨大な数の新規ユーザーにアプローチすることができ、効果的なプロモーションになるでしょう。

171027_03

人気のあるYouTuberと企業をつなげてくれる会社などもあるので、インフルエンサーを使ったプロモーションはそこまで難しくないかと思います。

ただ、YouTuberを使ったプロモーションの場合、費用がかかり話題になるかどうかはYouTuberとその動画内容によって変わってきたりしてしまうことから多少のリスクはあります。
それでも、自社内でチャンネルの登録者数を増やし、視聴回数を増やしていくにはそれなりの時間と労力が必要になりますので、YouTubeに動画として商品を広げていく施策としては有効な手段となるのではないでしょうか。

まとめ

Googleの2016年の発表によると日本でのYouTube利用率は77%。
低予算で簡単に始められるYouTubeを利用した動画マーケティングはこれからどんどん企業が取り入れていくようになることが予想されます。
今回ご紹介したのは簡単な概要になりますが、自社サイトに合う動画訴求方法を見つけて、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


nex8のリターゲティングをもっと詳しく

このブログは株式会社ファンコミュニケーションズでリターゲティングサービスを提供しているnex8事業部のメンバーが中心に運営しているメディアです。
中小EC向けに役立つ情報を分かりやすくお届けしています。
nex8に関して少しでも興味を持っていただけましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

石井天清

アパレル販売からアドネットワーク業界に転職後、現在はnex8事業部で営業・運用を担当中。お客様に喜んでもらえるサービスを提供し、Win-Winの関係を築いていけるよう日々努めています。趣味はアニメ鑑賞とファッションリサーチ。暇を見つけてはECサイトでコンバージョンしています。

こちらの記事も読まれています