Home > 用語解説

EC担当者必見!CMSの導入でできることとは?

こんにちは。nex8事業部で広告運用を担当している金です。 3回目のブログです。今回は「CMS」ついてご説明していきます。 「初めて聞く方」や、「興味のある方」のお力になれたら幸いです。 CMSとは? CMS(コンテンツ マネジメント システム)は、「Webサイトの制作、更新や管理」ができるシステムのことです。 Webサイトの制作や更新を行う際、本来であればHTMLを編集する専門的なスキルや知識が必要になりますよね。 HTML(エイチティーエムエル、HyperText Markup Language)は、ウェブページを作成するために開発された言語です。 現在、インターネット上で公開されてるウェブページのほとんどは、HTMLで作成されています。 出典:HTMLとは?-HTMLの基本 CMSは、管理画面から誰でも簡単に「Webサイトの更新や管理」を行うことができる、とても便利なシステムです。 では具体的にどういったことが出来るのか見ていきましょう。 CMS導入でできること 「CMSの導入でできること」を説明する前に、まずは導入しないでサイトを制作した場合について考えてみましょう。 CMSを導入せず、Webサイトの制作や更新作業を行う場合、「自社制作」か「サイト制作業者に依頼」の2つの選択肢があります。 自社制作の場合 「自社制作」の場合、「ワイヤーフレームの作成」や「要件定義」など、どういったサイトにしていくかを0から作らなければならないため、公開するまでに多くの「制作工数」が必要になります。 ワイヤーフレームとは 簡単に言えば「何を・どこに・どのように」が記載された「サイト設計図面」です。 つまり、制作するウェブサイトの要素や機能、情報を設計図面のように配置しておき、お客様や制作者と認識を合わせるためのものです。 出典:Web制作者のためのワイヤーフレーム講座「役割と考え方」編 | 株式会社LIG その代わり、自社で制作・運用するため、「制作コスト」や「運用コスト」はかかりません。 サイト制作業者に依頼する場合 では、「サイト制作業者に依頼する場合」はどうでしょうか。 「サイト制作業者」に制作を依頼する場合、まず業者に支払う「制作コスト」が必要になりますが、自社にノウハウがない場合でも、目的に応じたサイトを制作してくれることが多いです。 ただし後ほど詳しくご紹介しますが、サイト制作会社を介してのサイト更新は公開までに工数が多くかかります。 加えて、サイト制作後に情報更新をしたい場合は、別途「更新コスト」を制作会社に支払う必要が出てくる場合もあります。(※更新コストが制作コストに含まれている制作会社もあります。) CMSを導入した場合 では、「CMS」を導入した場合はどうでしょうか。 CMSはテンプレートによりページが生成されるため、「自社制作」のように、「ワイヤーフレームの作成」など、0からデザインをしなくても、統一感のあるサイトを作ることができます。 また、コンテンツを新規で追加する場合も、「コーディング規約(ルール)」や「CSS」を見直す必要がないため、「自社制作」よりも制作工数を減らすことが可能です。 コーディング規約とは、簡単に説明すると、“コードの書き方に関する決まりごと”です。ソフトウェア開発において、様々な書き方が可能な場合に、企業やコミュニティ、あるいは特定のプロダクトごとに、どういった書き方にするかを定め、プログラムのコーディングに統一性を持たせるガイドラインのような役割があります。出典:コーディング規約の作り方の基本とメリット・デメリット CSS(Cascading

もっと読む

EC担当者必見!今話題のWeb接客ツールってなに!?

こんにちは。nex8事業部の井上です。 今回はEC担当者必見の「Web接客ツール」についてご説明していきます。 聞いたことはあるけどあまり詳しく知らない方や、既に導入している企業の方も、改めて「Web接客ツール」とは何かについてご説明できればと思います。 Web接客ツールとは 実店舗とWebでの接客の違い Web接客とは、その名の通りWebサイト上でも実店舗同様に「接客」を行うサービスの事です。 実店舗だと、入店時に店員さんが「いらっしゃいませ!」とか、洋服を選んでいる時に「ご試着いただけますので、お気軽に仰ってくださいね」など、ほとんどの方が洋服を選ぶ時に接客された経験があるのではないでしょうか? このように実店舗においては客と店員が自然とコミュニケーションを交わすことで、自社ブランドのファンを増やすことができていましたが、当然Webサイト上では試着もできないですし、店員さんから挨拶をされることもありません。 そこで実店舗と同様に、Webサイト上でも、ユーザー1人ひとりにあわせた“おもてなし”の接客を行うことで、サイトからの離脱率を下げ、CVR(コンバージョン率)を上げるためのツールとして生まれたのが「Web接客ツール」です。 近年、こういったWeb接客ツールが注目を浴びている理由に、「BtoCのEC市場規模が急成長している」といった背景があります。 EC市場が成長しているということは、それだけECを運営している企業にとって「競合他社が増加しているという事」になります。 その競争に勝つため、サイトを差別化する手段として「Web接客ツール」が注目され、導入企業が増えてきているというわけですね。 Web接客ツールの種類 Web接客ツールには大きく分けて、ポップアップタイプとチャットタイプの2つの種類が存在するので、それぞれ簡単に説明します。 ■ポップアップタイプ 「ポップアップタイプ」は、ユーザーの属性、閲覧履歴・デバイスなどをリアルタイムで可視化し、サイト上でユーザーごとに最適なポップアップを表示するツールです。 ユーザーに合った特典や、セール情報等をポップアップで表示することで、購入意欲を高めCVRの増加を促せます。 ■チャットタイプ 「チャットタイプ」は、Webサイト上にチャット画面を設置し、リアルタイムでユーザーとOne to Oneでのコミュニケーション・接客が出来るツールです。 サイト上で分からないことを手軽にチャットで質問できるので、こちらも離脱率の低下とCVRの向上が見込めます。 Web接客ツールのメリットと注意点 ここでは「Web接客ツール」のメリットと注意点についてまとめていきます。 メリット 先ほども簡単に触れましたが、「Web接客ツール」を使うことで「離脱率を低下とCVRの向上」が見込めます。 これは数字でも証明されていて、例えば「KARTE(カルテ)」を提供しているプレイド社が公開したデータによれば、「Web接客ツール」を用いることで、「ユーザーのサイトへの好意度に関わらず、CVRが平均30%高くなった」という結果が出ています。 また、「Flipdesk(フリップデスク)」を提供するSupership社によれば、サイトに訪れた顧客に対し、メールや電話とは違った、カジュアルでスピーディーな接客を行なうことで、その場で不安や疑問を解消でき、初めてのユーザーでも安心感を高める事ができるため、顧客の離脱率は40%も減少したとの結果もあります。 導入に際しての注意点 しかしWeb接客ツールを導入したからといって、すべてが自動化され、何もしなくてもいいという訳ではありません。 例えば、実店舗の体験をオンライン上で再現する「チャット」では、人間が対応することがほとんどです。 対応が迅速でなかったり、ユーザーの満足いくものでなければ、ユーザーの再訪は見込めなくなります。 また、クーポンやキャンペーンのポップアップもただやみくもにばら撒くのではなく、実店舗と同じように「的確なタイミングと適切なユーザーに配布すること」で、リピート率の向上、ひいては売上の向上につなげることが出来ます。 また、少額からとはいえ導入コストも掛かり、Web担当者の方が「ユーザーの心理を汲み取り、戦略を持って運用すること」が必要となるツールでもあります。 自社サイトにおける目的を考えたうえで、本当に導入するべきなのかはしっかりと検討する必要がありますね。 Web接客ツールの例 最後に「ポップアップタイプ」と「チャットタイプ」での、具体的なサービスをいくつか紹介します。 ポップアップタイプ ■ecコンシェル…国内有数のビッグデータ保有企業「NTTドコモ」と、ディープラーニングの最先端技術を持つ「PKSHA Technology」が共同開発したAIを搭載した、CVR改善の精度とスピードが特徴のWeb接客ツールです。 最大の特徴は、最新のAIを搭載していながら、「永年無料での利用」が可能であること 無料プランでは、100万PV/月かつ純増で50CV/月という条件がありますが、無料・有料プランいずれにもAI機能が搭載されているので、「初めて導入を考えている方」や、「Web接客ツールにあまり手を掛けたくない方」にはオススメです。 ■KARTE(カルテ)…従来のWeb接客ツールは、過去の履歴から顧客分析を行うものが一般的でしたが、KARTEは、サイトを訪れる顧客の「いまこの瞬間」を可視化することができ、それに対して適切なアプローチができる点が最大の特徴となります。 また、拡張性が高く、「プッシュ通知」や「LINEでのメッセージ送信」など、幅広い外部ツールとの連携が可能で、顧客が受け取りやすい形で情報発信が可能。 CVRだけでなく、集客効果も見込めます。 チャットタイプ ■Chamo(チャモ)…「Chamo」は閲覧者に対し、自動で話しかける機能が特徴です。 例えば、配送料の案内ページに1分以上とどまっているユーザーに対して「送料についてご不明な点はございませんか?」とチャットが立ち上がる、といった設定が可能です。 「Webサイト運用が苦手な方」や、「Webサイト運用に時間をかけたくない方」にオススメです。 ■OK SKY(オーケースカイ)…Webサイトから店舗への送客(いわゆるOnline to Offline)を得意としています。 この接客の主軸となるチャットでは、人が介在して行われるため、機械的な案内や提案ではなく、「顧客のニーズを正しく反映した柔軟な対応」が可能です。 また、Webサービスでのコンシェルジュ・アプリケーションによって接客を受けながら、商品を実店舗で購入するといった、「Webサービスの良さ」と「実店舗の良さ」を掛け合せた体験を顧客に提供する点においても、まさに「実店舗以上の接客が実現されている」と言えるでしょう。 まとめ いかがだったでしょうか? Web接客ツールはユーザーを実店舗同様におもてなしすることで既存顧客を維持させ、自社サービスのファンを増やす事を目的としており、「離脱率」の低下と「コンバージョン率」の向上に繋げることができる手法となっています。 今後もAI(人工知能)の技術によって、「接客の自動化」が進む一方、人間でないとできない「柔軟な接客」が求められてくるのも事実です。 「自社サービスをどのような形でユーザーに届けたいのかを考える事」が、一番大事なのかも知れません。

もっと読む

リスティング広告やRTB取引における入札とはなにか!?ネット広告の入札を調べてみた!

こんにちは。nex8事業部の野口です。 2回目のブログです。 今回は、「入札」について書きたいと思います。 「入札」と聞くと、オークションや市場でよく行われている、ハンマーや札を使うシーンを思い起こすかと思いますが、ネット広告でも「入札」が行われているのです。 ネット広告での「入札」ではもちろん、人が毎回競りに参加したりはしません。 この記事では「リスティング広告」と「RTB取引(DSP広告)」を例にしてネット広告の入札についてご紹介していきます。 それでは、いきましょう。 入札とは何か まずは、Google検索で「入札とは」と調べてみると、「売買・請負(うけおい)で、一番有利な条件を申し出た者と契約するという定めに応じて、その金額・条件をそれぞれが書いて差し出すこと。」と出てきます。 これは簡単に言うと、「欲しいものに対して、(金額などを用いて)一番いい条件を出した人と契約しますよ」ということです。 お金をいっぱい出した人にそれを売りますってことですね。 リアルのオークションではこれが一般的なことは周知の事実かと思いますが、インターネット上で配信される広告でもこれが行われているのです。 どういうことか、次の章を見てみましょう。 リスティング広告における入札 ネット広告には手法別に、純広告、アフィリエイト、リスティング、アドネットワーク、SNS広告、など様々な種類の広告があり、それぞれ掲載形式と課金形式が違います。 この章ではその中でもわかりやすい「リスティング」を例にとって、ネット広告上での「入札」とはどのようなことをしているのかをご説明していきます。 リスティング広告とは、「GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードの検索結果に連動して、テキスト広告を表示出来る広告の配信手法」です。 ECサイトをお持ちの方であれば、一度はリスティング広告の出稿を行ったことがあるのではないでしょうか。 ではリスティング広告は、どこで「入札」が行われ、どのように掲載されているのでしょうか。 例えば、あなたはアパレル通販サイトを運営しているとしましょう。 おすすめの商品はコットン製品のTシャツです。 あなたはその商品を全国各地の人々に届けたいという思いからECサイトを始めました。 しかし、全国にコットン製品のTシャツを扱っているECサイトは溢れるほどあります。 そこであなたは、最近知った「リスティング広告」を使って全国に広めようと思いました。 そこで驚愕の事実を知ることになります。 「Tシャツ」と検索した人に対して広告を表示させ、ワンクリックされるだけで170円もかかるのです!(2017年05月19日現在) それもそのはず。 「Tシャツ」というキーワードで検索されている数は月に1万~10万回にものぼります。 多く検索されているキーワードであれば、その分広告を配信できるタイミングが増えるので、同じように「Tシャツ」というキーワードで広告を出したい人、企業はたくさんいるのです。 そして彼らが「入札」における「ビッダー(入札者)」になります。 つまり「競り手」になるわけです。 この競り手の中で最高額を出した者(リスティング広告では最高のクリック単価を出した者)が勝者となり、広告を表示する権限を得るのです。 厳密に言うと、リスティング広告は、Googleアドワーズであれば広告ランク、Yahoo!スポンサードサーチであればオークションランクと呼ばれるものが高い順に掲載されています。 このランクはクリック単価の他に、広告文とキーワードとの関連性、クリック率、ランディングページの品質など、複雑な仕組みによって決定されるのですが、ここでは省略します。 さて、あなたは「Tシャツ」というキーワードで広告を出したいのですが、とてもワンクリックに170円は出せません。 そこで、コットン製品であることを打ち出し「コットン Tシャツ」というキーワードで広告配信を行ったところ、ワンクリックあたり52円まで下げることが出来ました。(2017年05月19日現在) なぜ、入札の単価を下げられたのでしょうか。 それは「コットン Tシャツ」というキーワードは「Tシャツ」というキーワードよりも検索数が月に100~1000回ほどと少ないからです。 一般に検索数が多いほど、入札者の数は多くなりやすく、そこで入札競争が行われると、自然と単価はつり上がっていき、上記で説明したような結果となります。 つまりターゲットを絞ることによって(キーワードを絞ることによって)、配信回数は減ってしまいますが、入札者の数を少なくし入札競争をあまり起こさないようにすることで単価を抑えることが出来るのです。 あなたの商品の強みは何か考えてキーワードを選びリスティング広告を配信することは、単価を抑えられるだけでなく、ユーザーにも適切に訴求できるので、とても重要だと言えますね。 RTB取引(DSP広告)による入札 さて、次はRTB取引による入札の仕組みについてです。 現在多くのネット広告はこのRTBの仕組みによって成り立っています。 RTBとは、Real Time Biddingの頭文字をとった略語で、メディアサイトの広告枠1つ1つに対してリアルタイムで入札を行う仕組みのことを指しています。 このRTB取引はDSPとSSPという2つのツールが接続されることで成り立っています。 DSP(※)とは、Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略で、「より安く、効果的に配信を行いたい」という広告主の広告効果最適化を目指すツールで、SSPとは、Supply Side Platform(サプライサイドプラットフォーム)の略で「なるべく高く、枠が余らないように」というメディア側の広告収益最大化を目的としたツールのことをいいます。 ※ちなみにnex8もRTB取引の中で配信側であるという点で、DSPサービスには当たるのですが、親しみやすく思って頂きたいため、より提供内容のイメージが伝わりやすい『リターゲティング広告サービス』という表現をしています。 つまりRTB取引とは、1つの広告枠に対して、広告主の「DSPを使ってなるべく安く買いたい」という考えと、メディアの「SSPを使ってなるべく高く売りたい」という真逆の考えに折り合いをつけ、適正な価格で広告枠の売買をリアルタイムで行う取引形態のことを言うのです。 ではRTB取引がどのようにして行われるかもう少し詳しく説明します。 あるユーザーが広告枠を持つメディアサイトに訪れた時、メディアはSSPに対して、「この枠に広告を出しませんか」というリクエストを送ります。 するとSSPは「このユーザーのこの広告枠に対して広告を表示させるために入札しませんか」というリクエストをDSPに投げます。 DSPはサイトに訪問しているユーザーの行動履歴等を分析して、適正な価格で入札をします。 あなた(広告主A)はこのユーザーに対して105円で入札をしたとしましょう。 ですが、そのリクエストに応じてあなたの会社の他に2社の広告主から広告掲載をしたいという希望があり、B社が110円、C社が115円で入札したとします。 DSPは入札の結果をSSPに伝えます。 SSP内では、その結果を元に落札者(最も高い値段を付けた広告主)を決定し、それをメディアに伝えます。 この時、C社が最も高い値段で入札しているので、この取引での落札者となりC社の広告がメディアサイトに掲載されます。 まとめると以下の図のようになります。 このユーザーがサイトに訪れてから広告が配信されるまでの一連の流れがわずか0.1秒ほどで行われているのです。 RTB取引のメリットは、自分で値付けできることと、1回広告が配信、表示されるごとに入札を行うことができる点です。 つまり、担当者やWebマーケターの力量で、多様なニーズやターゲットを捉えて、適切な入札、適切な配信が行えるかどうかが、カギとなってきます。 メンズセールの時には男性をターゲットとしたサイト枠の入札を強める、献立を考える時間(14時~18時)には主婦層を狙って料理サイト枠の入札を強めるなど、様々な工夫を凝らして1回表示ごとにリアルタイムで入札をすることができるのです。 今や、ネットでは1日に何億、何兆という単位で広告の配信が行われています。 この市場を支えている技術のひとつがRTBであることは、間違いありません。 広告在庫の多いアドネットワーク市場ではかかせない、仕組みとなっているのです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「入札」と聞くと、オークションや市場での入札をイメージする人が多いかと思いますが ネット広告でもその「入札」が枠単位、ユーザー単位で行われているのです。 「入札」もインターネットの世界では自動のロジックになってきていて、そのロジックの精度はすごいところまで来ています。 また、これからますます向上していくでしょう。 あなたの画面に出てくる広告も「あなた」の為に誰かが「入札」したものが広告として表示されているのです。 私たちnex8も、「よくぞ、出してくれた!なんて言われる広告を」出すために、日々頑張っています。

もっと読む

これであなたもギョーカイ人!Web広告用語&略語を一気におさらい!

こんにちは、nex8事業部の山田です。 今回はみなさんが日夜目にしているであろうWeb広告業界ならではの用語や略語のご紹介と解説をしていきたいと思います。 当ブログにも頻繁に登場しているものもありますので、ここで改めてまとめてみます。 広告効果指標に関係すること 【インプレッション(impression)】 広告が表示されることを指します。 10インプレッションであれば10回表示されたという意味です。 【コンバージョン(Conversion)】 広告を経由してWebサイトに訪れたユーザーが、あらかじめ決められていた成果となる行動(購入、問い合わせなど)をとることを言います。 よくCVと略されています。 【CPA(Cost Per Action) 読み方:シーピーエー)】 獲得単価のことで、1コンバージョンにかかった費用を指します。 Web広告の中では特に重要視される指標の1つです。これは頻出用語です。 参考:CPAに関する記事 ・その目標CPA、大丈夫? ネット広告における目標CPAの重要性と改善方法 ・なんとなくで目標設定していませんか?リターゲティングの適切な目標設定とは!?   【CPO(Cost Per Order) 読み方:シーピーオー】 注文に対してどれだけのコストがかかったかという指標です。 よく健康食品系などでお試し品を安く提供した後、継続購入の本申込みに誘導していくものがありますが、その本申込みへの移行率などで使われます。 引き上げ率などと表現する人もいます。 【CPR(Cost Per Response) 読み方:シーピーアール】 見込み客などからの反応を獲得するのにかかったコストのことです。 問合せや資料請求などにかかった費用で使われます。 10万円の広告費を使って資料請求が20人あった場合、CPRは5,000円となります。 【CPF(Cost Per Follow) 読み方:シーピーエフ】 主にFacebookにおいて、Facebookページのファン一人を獲得するのにかかったコストのことです。 ソーシャルメディアマーケティングにも関連してきます。 【CPC(Cost

もっと読む