Home > ショッピング広告

データフィードを活用しよう!Googleのショッピング広告配信方法について

以前の記事でデータフィードについてお話しましたが、その後データフィード作成はしてみていただけたでしょうか。 これがないと動的広告が実施できない!?配信に必須のデータフィードとは データフィードは、ダイナミックリターゲティングや、AmazonなどのECモールで広く使われるようになってきており、ECサイト運営には欠かせないものとなってきています。 まだの方はぜひ先ほどの記事を参考に始めてみてください。 今回はデータフィードを活用できる広告の中から「ショッピング広告」での利用方法をお伝えします。 ショッピング広告はGoogleで「バッグ」や「スニーカー」などを検索した時に検索結果ページに商品情報が表示される広告の事です。 ECサイトと親和性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。 ショッピング広告とは ショッピング広告はGoogle AdWordsにおける広告サービスの1つで、図のように広告配信がされます。 Googleの検索結果ページに画像付きで配信出来る唯一の広告で、過去には商品リスト広告=PLA(Product Listing Ads)とも呼ばれていました。 テキストのみのリスティング広告と比べると、商品画像が表示されることで商品の詳細が伝わりやすく、より効果的に検索画面上でのプロモーションが行えます。 ユーザーが検索したワードに対し、データフィード内の商品情報から適している商品が表示されるため、リスティング広告のようにキーワードを設定する手間が省けるのもショッピング広告の特徴です。 例えば、ユーザーが「バッグ」と検索した場合、データフィード内の商品情報に「バッグ」と記載されている商品が掲載されます。 ただ、キーワードを絞って設定する事ができないため、調整が難しい側面もあります。 実際にショッピング広告を導入するメリットとしては以下のようなものがあります。 ■テキスト+商品画像が表示されるため、テキストのみの広告と比べるとCTR(クリック率)の向上が見込める。 ■広告に商品情報が記載されているため、その商品に興味を持ってクリックした購入意欲の高いユーザーを効果的に集める事ができる。 ■ショッピング広告はGoogleでの検索結果ページの上部に商品画像つきで表示される為、視認性も高く、Google AdWordsのテキスト広告と併用する事でユーザーとの接触機会の増加を狙える。 では次の章からは、ショッピング広告を出稿するための設定方法をご紹介していきます。 ショッピング広告の配信手順 ショッピング広告の出稿には、Google Merchant Centerへの自社サイトの商品データフィードの登録とアップロード、Google AdWordsでの広告キャンペーン作成が必要です。 それによりGoogle AdWordsからユーザーの検索キーワードに基づいた商品広告を配信出来るようになります。 Google Merchant

もっと読む