Home > アプリ対応

EC担当者必見!今話題のアプリダイナミックリターゲティングとは!?その魅力を徹底解剖!

こんにちは。nex8事業部の井上です。 前回ECサイトのスマホアプリ化についてご紹介しましたので、今回はスマホアプリ化した後のプロモーションについて書きたいと思います。 特に今回は、最近お客様からのお問い合わせが増えているアプリダイナミックリターゲティング(以下:アプリダイナミック)についてご紹介させて頂きます。 実際の広告としてまだ目にしたことが無い方や、そもそもアプリダイナミックを知らない方にも基本的な部分から仕組みまで、アプリダイナミックの魅力をお伝え出来ればと思います。 なおアプリ向けダイナミック広告や、アプリ向けリターゲティング配信など様々な名称がありますが、この記事ではアプリのディープリンクを用いたリターゲティング方法をアプリダイナミックリターゲティングと定義しています。 アプリプロモーションの種類 まず、アプリにおけるプロモーションの種類を整理してみましょう。 アプリプロモーションには大きく分けて2種類の軸があります。 1つはアプリをリリースした際に行う「インストール訴求」、もう1つはインストールした後のユーザーに対する「リテンション訴求」です。 「インストール訴求」とは、その名の通りリリースしたアプリをユーザーにインストールしてもらうために行うプロモーションです。 アドネットワークなどにバナー広告を出稿し配信先メディアを調整することで、自社アプリに興味のあるユーザーを獲得する方法や、リワード広告などが挙げられます。 そして、ここ最近注目されているのがインストールした後のユーザーに対する「リテンション訴求」です。 これはアプリをインストールして何度か使ったが、その後起動しなくなってしまったユーザーを対象に広告を配信します。 例えばECアプリの場合、アプリをインストールして購入したことはあるが、一度だけというユーザーを対象に「アプリから購入の場合のみ割引」、「アプリ限定セール」などのプロモーションを実施することで、ユーザーにアプリを再起動してもらうといった具合です。 すでにインストールはしているため、ユーザー側もストレスなく利用できますね。 ある程度インストール数が増えると、1インストールあたりにかかる費用(新規ユーザー獲得費用)はどうしても増えてしまいます。 そこでインストール済ユーザー(既存ユーザー)を活性化させることで、効率的に利益をあげていくことができるのです。 「リテンション訴求」には上図のように、「リエンゲージメント広告」と「アプリダイナミック広告」の2通りの広告配信方法があります。 Webの場合と対応させると分かりやすいのですが、リエンゲージメント広告はリターゲティング広告、アプリダイナミックはダイナミックリターゲティング広告のそれぞれアプリ版だと考えて下さい。 今回の記事ではアプリダイナミックについて紹介させて頂きます。 アプリダイナミックとは まずはアプリダイナミックが一体どんな配信手法なのかを説明します。 先ほども少し触れましたが、アプリダイナミックとは、簡単に言うとWebサイトで行なっているダイナミックリターゲティングを、アプリでも同様に実施できるというものです。 つまり、アプリ内で特定の商品を閲覧したユーザーに対して、閲覧商品を含むバナー広告を動的に配信、ユーザーが広告をクリックしたらWebサイトに遷移するのではなくアプリが自動的に立ち上がりその商品ページに遷移して商品を再度訴求できる、という配信手法です。 アプリダイナミックのメリット アプリダイナミックについては理解したが本当にやる意味があるのか。 そう思われている方のために、ここではアプリダイナミックを実施することのメリットを考えてみようと思います。 まず、前回ご紹介したスマホアプリのメリットについておさらいしましょう。 スマホアプリのメリットは以下となっております。 ・スマホアプリ利用率の高さ ・Webサイトに比べリピートして利用しやすい ・プッシュ通知機能 ・アイコンによる認知の向上 ECサイトにおけるアプリダイナミックでは、アプリ化をすることで得られる上記4つに追加してさらにCVRの向上というメリットが考えられますが、これには大きく2つ要因があります。 ① WebのECサイトでは、商材が複数ある場合に、通常バナーによるスタティックリターゲティングよりもダイナミックリターゲティングの方がCVRは高くなる傾向にある。   ② アプリ化の特徴でもある利用率の高さもあり、ECアプリを利用して商品を閲覧しているユーザーは、WebのECサイトと比較すると、CVRが高いユーザーが多い。 つまり、ダイナミックリターゲティングをECアプリで実施するということは、CVRの高くなる2つの要素をかけあわせることとなり、非常に効果の良い広告配信が期待できるのです。 実際弊社サービスnex8でもアプリダイナミックの事例があるのですが、平均するとWebでダイナミックリターゲティングを実施した時の4~5倍ほどのCVRとなりました。 アプリは利便性が高いと言っても、離脱ユーザーはやはり一定数います。 そういったユーザーを確実に購入に繋げるためにもアプリダイナミックを実施するメリットはあるのではないでしょうか。 アプリダイナミックの仕組み ここまで、アプリダイナミックで出来ることやメリットについてお話してきましたが、どのように配信を実現させているのでしょうか。 ここでは大まかな仕組みについてお伝えします。 Webダイナミックリターゲティングとの違い Webのダイナミックリターゲティングでは、タグとデータフィードを準備すれば実施できることは以前の記事で解説しています。 タグからは「ユーザー識別情報」「商品閲覧情報」を取得したり、または成果通知をしたり出来たのですが、アプリの場合タグを設置することが出来ないため、これらの情報をタグから取得することが出来ません。 さらにWebの場合、ブラウザ上のアドレスバーに表示されるURL(http://・・・)をデータフィード内で指定すればそのページに遷移させることが出来ましたが、アプリでは別途設定(ディープリンクの実装)をしないと商品ごとの個別ページに対するURLというものは存在しません。 これらから、アプリダイナミックを実施するためには、【ユーザー識別情報】【商品閲覧情報】【成果通知方法】【リンク先URL】の4つを別の方法で取得、受け渡しをする必要があるのです。 各項目について説明していきます。 アプリダイナミック実施に必要な情報の取得方法 【ユーザー識別情報】と【商品閲覧情報】 アプリの広告出稿している方はご存知かと思いますが、アプリのダウンロード数や起動率、課金状況などを把握するためには通常、効果計測用のSDKを入れています。 SDK・・・アプリケーションを作成するためにソフトウェア技術者が使用する開発ツールセットの事。効果計測用SDKをアプリに組み込むことで、どの広告から流入して、どの程度の課金やPVがあるのかをレポート上に可視化することが可能。 Webサイトでダイナミックリターゲティングを行う場合、タグによってCookieを付与することで、どのユーザーが来たかを判別し、固有の商品IDをサーバーに送ることで、どのような商品を閲覧していたかを知ることが出来ました。 アプリの場合SDKによってこれらの情報を受け渡すことが一般的となっています。 現在こういった情報の受け渡しに対応しているSDKで代表的なものはadjsutやF.O.X、appsflyer等が挙げられます。 ダイナミックリターゲティングタグの役割をこの計測用SDKが行っており、アプリダイナミックを実施するにはSDKの組み込みが必要不可欠となります。 【成果通知方法】 通常のWebダイナミックリターゲティングの場合、タグのCookieによって効果計測を行います。 ですがアプリの場合は先述した通りタグを埋めることが難しいため、計測用SDK側と広告配信サービス側のサーバー間においてソケット通信をして成果通知の受け渡しを行います。 【リンク先URL】 Webダイナミックリターゲティングの場合、タグから取得したユーザー情報と閲覧情報(商品ID)を広告配信サービス会社のサーバーに送り、データフィードと付け合わせることで、このIDが何の商品だったかを判断し、自動で広告を生成します。 アプリダイナミックも同様で、商品の情報が記載されたデータフィードが必要となりますが、ここで1つ違うのがリンク先のURLです。 通常のWebサイトでいうところのハイパーリンクの代わりに、「ディープリンク」を実装することでアプリ内の閲覧した商品ページや特定のページへ誘導することが可能となります。 Webサイトは商品ごとにページのURLがそれぞれ異なることが多いと思いますが、ディープリンクはアプリにおけるURLを作成しているイメージです。 nex8app://productid_0001 ディープリンクには通常「スキーム」と「パス」と呼ばれる部分があります。 上記「nex8app://」が「スキーム」で開くアプリを識別し、「productid_0001」が「パス」でアプリ内の誘導したいコンテンツが存在する場所を指します。 これを実装することで、アプリユーザーが広告をクリックした際に直接アプリを立ち上げ商品ページまで遷移させる事が可能になり、アプリユーザーに対してもWebダイナミックリターゲティングと同じ体験をしてもらうことが出来るのです。 アプリダイナミック実施に必要な情報の取得方法まとめると、以下の表のようになります。 またアプリダイナミックの技術を応用すると、Webとアプリを横断したダイナミックリターゲティング配信が出来るようになります。 これまでのWebダイナミックリターゲティング(Webサイト→Webサイト商品ページ)に加え、今回ご紹介したアプリダイナミック(アプリ→アプリ商品ページ)、さらにWebサイト→アプリ商品ページ、アプリ→Webサイト商品ページといった配信方法も可能です。 例えば既存のWebユーザーに対しアプリでの利用頻度を高めたいという目的の場合は、『Webサイト→アプリ商品ページ』のダイナミックリターゲティングを実施することで継続的なアプリ利用を促すことができます。 Webとアプリを横断したダイナミックリターゲティングの仕組みについては、広告配信サービス会社やSDK提供会社ごとに異なってくるので、ここでは割愛させていただきます。 まとめ いかがだったでしょうか。 アプリになると複雑な設計や専門的な知識がないと出来ないと思われている方も多いと思いますが、基本的な設計はWebサイトで行うダイナミックリターゲティングとほとんど変わりません。 ダイナミックリターゲティングとアプリの優位性を掛け合わせたアプリダイナミックリターゲティングは、今後のトレンドになること間違い無しなので是非積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

もっと読む

ECサイトはスマホアプリ化必須!?Webサイトとの違いとメリット・デメリット

こんにちは。nex8事業部の井上です。 今回はECサイトのアプリ化について書いていきます。 皆さんのスマホにはアプリがいくつ入っていますか? ゲームや乗換案内、SNSや写真加工ツールといったアプリは、ほとんどの方が1つは入れていると思います。 さらに、ECサイトのアプリやフリマアプリが増えたことで、アプリで物を購入する方も増えてきているのではないでしょうか。 今回は、そういったユーザーのスマホ使用状況の変化に合わせたWebサイトのスマホアプリ化について紹介させて頂きます。 スマホアプリについて アプリとは スマートフォンの普及が進むに連れて「アプリ」という言葉が一般的になってきましたが、まずはアプリとは何か簡単におさらいしてみましょう。 「アプリ」はアプリケーションの略で、ユーザーが利用したい機能を追加するために端末にダウンロードして使用するソフトウェアの事です。 よく使われているもので言うと、例えばエクセルやパワーポイントなども「アプリ」に分類することが出来ます。 ※厳密には、アプリの中でもWebブラウザ上で動作する「Webアプリ」と呼ばれるものもあります。 YouTubeやGoogleマップなどがそれに当たりますが、このWebアプリと区別する目的で、ソフトウェアで提供されるタイプについては「ネイティブアプリ」と呼んだりもします。 本記事で「アプリ」と書くものは基本的にネイティブアプリとしています。 「スマホアプリ」は、スマートフォンで使えるソフトウェアのことで、カレンダーや乗換案内、ゲームをはじめ、現在ではECサイトや動画サービスなど様々なことができるようになっています。 進むスマホアプリ化 スマホの普及率は2010年ごろから急速に進み、現在では全年代合わせると7割以上がスマホを保有している状況ですが、これに一役買っているのが、スマホアプリです。 (出典:総務省「通信利用動向調査」) Webサービスとはまた違う新しい体験や便利さを提供するアプリが多く出てきた中で、 様々なアプリサービスを利用したいからスマホを購入した、というユーザーもいるくらいです。 スマホアプリの利用時間はスマホ利用時間全体のおよそ8割を占めているというデータも出ています。 さらにもう1つ、アプリは起動までの時間が早く、スキマ時間での利用ニーズも多いスマホとは非常に親和性が高いと言っていいでしょう。 こういった利用者の伸びやユーザーのアプリに対する意識、利便性の高さからもWebサイトのスマホアプリ化はユーザーニーズに沿うものであることが伺えます。 Webサイトとスマホアプリの違い では実際Webサイトとスマホアプリでは何が異なるのでしょうか。 端末に元々入っていないゲームなどはスマホアプリで利用するしかありませんが、ECサイトのようにWebサイトもあった場合を例に比較してみましょう。 使いやすさ Webサイトの場合、基本的にはPCの画面を前提に構成されているため、スマホ画面だと拡大やスクロールが多くなりユーザビリティを損なう可能性があります。 もちろんスマホ最適化していればここでの問題を防ぐ事ができますので、まだサイトをスマホ最適化されていないという方はこちらの記事をご参照ください。 スマホアプリの場合、初めからスマホでの利用を前提にしているため、使用する端末や機種に合わせてディスプレイが収まり、ページ内のリンクやアクセスもスマホに配慮した設計がなされているため快適な操作感を実現することが出来ています。 アクセスまでのスピード 一番の違いはこのアクセスまでのスピードです。 Webサイトの場合アクセスするには通常、ブラウザを立ち上げる必要があります。 またオフラインでは表示されなくなってしまいます。 私自身そうですが、スマホを所有してから不便だなと感じる点ではありました。 スマホアプリはトップ画面に専用のアイコンが置かれるため、見たいコンテンツに1度のタップで行き着けますし、オフラインでもコンテンツを閲覧することが可能です。 このように、使い勝手の良さがアプリとWebサイトの大きな違いになってくるのではないでしょうか。 スマホアプリ化におけるメリット・デメリット スマホが普及しアプリ利用率が高いという点からだけでもアプリ化するメリットは大いにあると考えられますが、もう少し具体的な活用方法を交えメリットとデメリットについて紹介していきます。 まずスマホアプリ化のメリットについてです。 ■スマホアプリ利用率の高さ ■Webサイトに比べリピートして利用しやすい ■プッシュ通知機能 ■アイコンによる認知の向上 ■スマホアプリ利用率の高さ スマホ保有者のほとんどが何かしらのアプリを利用している状況で、Webの閲覧時間よりアプリの利用時間の方が長いというデータが出ています。 そのため抵抗なくユーザーに使ってもらえて、またアプリでの情報提供は現代のユーザーのニーズに合わせていると考えることが出来ます。 ■Webサイトに比べリピートして利用しやすい ブラウザを通してサイトにたどり着くというルートに比べ、スマホアプリの場合は立ち上げるだけでサイトやコンテンツにアクセスすることが可能である、また操作性も高いことからユーザビリティを損なうことがないためリピート率向上にも繋がりやすいです。 ■プッシュ通知機能 これはスマホアプリならではの大きなメリットです。 アプリに対してプッシュ通知を送信する事でスマホ上にポップアップでメッセージを表示させたり、アプリアイコン上にバッジ表示させたりすることが可能です。 これにより、ユーザーの注意を引きつけアプリを使ってもらい新しい情報を見てもらうことが可能になります。 ■アイコンによる認知の向上 CMや交通広告などは繰り返し目にする事によって商品やサービスを消費者の記憶に留め、購入や利用に繋げるのが目的になりますが、スマホアプリの場合ホーム画面にアイコンがあることによって無意識にユーザーはブランドロゴや名前を見ることになります。 Webサイトに比べ目に入る機会は圧倒的に多くなるため再訪への効果が期待できます。   続いてスマホアプリ化によるデメリットについて、こちらは大きく2つが挙げられます。 ■アプリインストールのハードルの高さ ■開発コストが掛かる ■アプリインストールのハードルの高さ アプリの場合当然最初はインストールしてもらう必要があります。 ユーザー基盤が全くない状態でアプリを出す場合はしっかりとしたプロモーション戦略が必要になってきますが、既にWebサイトを持っているなどで、顧客となるユーザー基盤がある場合は、そこで告知することで効率的に認知拡大を狙うことが可能です。 ■開発コストが掛かる スマホアプリを作成するにもスマホのプラットフォーム(iOS、Androidなど)ごとに開発が必要になってくるため、アプリ開発にはそれなりのコストが掛かってきます。 公式ストアに初めて申請する際だけでなく、アップデートの際にも公式ストアの審査があり、一部変更しただけでも更新に手間がかかるといったハードルもあります。 Webサイトに比べると作成・更新に多少手間とコストがかかるのは否めないでしょう。 しかし今では、業界に特化した比較的手軽に依頼できるアプリ制作会社などもある他、実はコンテンツを更新してもストアに申請する必要のない、新しいアプリ化の方法も出ています。 次章ではこのアプリ化の方法をご紹介します。 ECサイトにオススメのハイブリッドアプリとは 各環境(iOS用、Android用など)に合わせて開発する必要や、公式ストアの審査があり一部変更しただけでも更新に手間がかかるといったハードルを解消するものとして、近年増えてきているのが、「ハイブリット型」と呼ばれるアプリです。 ハイブリット型アプリでは、ネイティブアプリの中の※Web View(ウェブビュー)と呼ばれる簡易ブラウザを活用し、表示するコンテンツ自体はWebで作られたコンテンツを表示します。 ※Web View: WebブラウザのようにWebページを取得・表示することができる機能の事で、Web Viewを呼び出すコードを記述するだけでWebページを表示する機能を組み込むことが可能。 冒頭で紹介したネイティブアプリとWebアプリの2つの特長を兼ね備えていることからハイブリッド型と呼ばれます。 この3つを表にまとめてみたものがこちらです。 ハイブリッド型では、ネイティブアプリのようにカメラ起動や加速度センサーなどスマートフォンに搭載されている機能を活用することができ、ストアにも掲載されるので効率的な集客が可能です。 また投稿された内容や変更が生じる箇所はWebコンテンツを修正することで行えるので、頻繁に更新が起きても、すぐに対応でき、ストアへの申請を何度もする必要がなくなります。 適切に役割を分担し、双方のいいところを合わせたアプリである、と言えるでしょう。 個人的にECサイトのアプリ化だとこのハイブリッド型を推奨します。 ECサイトの場合更新頻度が高くなる商品詳細ページをWeb Viewとする事で細かな変更にも柔軟に対応することが可能になるのと、ネイティブアプリならではのアクセスのスピード、認知の継続と再訪への機会を向上させることが可能になるため、既存顧客の維持が売上を左右するECサイトでは特にハイブリット型がマッチするのではないでしょうか。 実際にWebサイトをアプリ化するには自分達で一から開発を行う他に、アプリ開発サービスを利用することで手軽に低コストに抑える事もできます。 アプリ化するサービスはWordPressをベースとするサービスが多く見受けられますが、ECサイトの場合もう少し汎用性の高いサービスを選ぶ必要があります。 yappliやapplileなどはECサイトに特化したアプリ開発サービスで、日時指定やカゴ落ちユーザーを対象にプッシュ通知を出したりクーポン機能も出来ます。 プロモーションや自社課題にあわせ検討してみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがだったでしょうか。 スマホアプリの利用率や利便性を鑑みると、ECサイトのスマホアプリ化は必須の考えになってきます。 今回ご紹介した内容はほんの僅かですがアプリ化するメリットは十分にあると思いますので、今の市場をチャンスと捉えさらに充実したECサイト運営を目指してみてはいかがでしょうか。 次回はアプリ化した後のプロモーション方法について少しご紹介させて頂きます。

もっと読む