キービジュアル

~いまさら聞けない~ アドネットワークを調査した件


こんにちは。nex8事業部の脇本です。

今回お話するのは、アドネットワークについて。
ディスプレイ広告のベースとなる、いまや知らない人はいないぐらいの認知度の高い配信手法ではありますが、なぜ有名になったのか、また、その本来の役割を知っていますか?

どういう原理で、どういったことをしているの?と気になっている皆さんの為に、分かりやすくご説明していきます。
皆さんの知見の一つになれば幸いです。

アドネットワークについて

アドネットワークとは

アドネットワークとは、Webサイトなどのメディアを多数束ねて、そのメディアの持つ広告枠へ広告を配信する仕組みを持ったネットワークのことです。
このアドネットワークを提供している事業者は様々なメディアから広告枠を提供してもらい、広告主はアドネットワークに発注することで、一括でそのメディア群へ広告を配信することが可能になっています。

adnetwork

つまり広告主とメディアの仲介役として存在しているということになります。
現在では多種多様なジャンルの広告主やメディアがアドネットワークを利用していますが、なぜこういったネットワークが生まれたのでしょうか。

アドネットワーク登場までの背景

アドネットワークが日本で登場し始めたのは2008年ごろ。

それ以前は、広告主が広告を出稿する場合、各メディアサイトへ個別に広告出稿を依頼しなければならず、また掲載料金もそれぞれ違っていたので、管理が大変でした。
さらに、メディアごとに広告掲載準備や配信レポートの分析も行うなど、配信開始から配信後の効果分析に至るまで広告主は多大な時間を費やさなければなりませんでした。

メディア側も同様で、広告掲載を受注した時には広告主ごとに対応をするため、多くのリソースを割いていたり、PV数の少ないメディアはそもそも発注依頼が無かったりと、課題を抱えていました。

そんな中、アドネットワークが登場し状況が一転します。
広告主とメディアの間にアドネットワークが入る事で、お互いが行っていた作業を一括で取りまとめ、広告主とメディアのどちらの課題も解決することが出来たのです。

広告主とメディア双方からの支持もあり、アドネットワークは2008年の登場以降、利用者数を増やしています。

アドネットワークでできること

配信方法

アドネットワークの役割が分かって頂けたところで、この章では、具体的にどういったことが出来るのか、配信方法についてご説明します。
アドネットワークを通じた配信方法には様々な種類がありますが、主だったものは以下の3つになります。

■ブロードリーチ(全配信)
配信先を個別に設定せず、アドネットワーク事業者が保有しているメディア全体に配信すること。

■パッケージ配信(セグメントターゲティング)
アドネットワーク事業者が保有している広告枠の中から配信する枠をプランニングし、広告配信を行うこと。
男性向け女性向けなど性別やその媒体のジャンル、OSやキャリア等も選ぶことができる。

■リターゲティング配信
ユーザー端末のCookie等を利用し、特定の広告主サイトへ訪れたユーザーのみに広告を配信すること。

 

広告主は自社商材のプロモーション目的によって配信手法を選択し、効率の良いアプローチ手段を決定します。
例えばゲームアプリ広告主の多くは、スマートフォン向けアドネットワークに対して配信枠を特に設定しない、ブロードリーチを常用します。
これはアプリダウンロードを成果地点としたプロモーションとなるため、成果に対するハードルが比較的低く、アドネットワークの保有する様々なメディアサイトへリーチすることで大規模な広告宣伝ができるためです。

ECサイトにおいてユーザーに認知をさせたい場合には、パッケージ配信によって商材と親和性の高い広告枠をプランニングした広告配信が適しています。
配信効率を高めるために、入札金額や配信枠を最適化していくことで、広告主の掲げる指標に添うような運用をしていきます。

ECサイトでも効率化や費用対効果を特に重視したい場合には、広告枠のプランニングをした上でリターゲティング配信を実施することが多いです。

また近年では、上記に挙げた3つの他に、下記配信手法も対応できるアドネットワークが増えてきています。

■IDFA/AdIDデータ配信
IDFA(Identification For Advertisers)はiOSの、AdID(Advertising ID)はAndroidの、それぞれ広告識別子と呼ばれる端末固有のIDデータで、アプリなどを通して取得が可能。
広告主がIDFA/AdIDを保有していれば、その端末(ユーザー)を指定して広告を配信することが出来る。

■オーディエンス配信
特定の性別や特定のジャンルへ興味関心があると推測されるユーザーに対して広告配信を出来る。

■ダイナミックリターゲティング配信
ユーザーが興味関心を持つ商材を組み合わせたバナーを、リアルタイムで自動生成し、ユーザーごとに最適な広告を配信出来る。
参考記事:「よくぞ出してくれた!」と思わず言ってしまう広告とは!?ダイナミックリターゲティング完全解説決定版!

尚、アドネットワークでは主にCPC課金が多く、1クリック=○円と決めた料金体系で広告主にとってリスクの少ない形式をとっています。

メリット・デメリット

前述した内容と重複する部分もありますが、ここで、広告主側から見たアドネットワークを利用するメリットやデメリットを改めてまとめてみます。

<メリット>
・簡単な入稿作業や入札設定だけで、アドネットワーク事業者が保有しているメディアサイトへ一括で広告配信が出来る。(入稿作業やメディアへの依頼の手間を解消出来る。)

 

・広告配信後の結果(インプレッション数、クリック数、獲得数など)のレポートを一元管理して分析でき、課金形態も統一されているため管理が容易。

 

・指定したカテゴリのみへの広告配信、配信する曜日や時間帯の設定、OS・キャリアなどユーザー環境に基づいたターゲティング配信など、細かな調整が出来る。

<デメリット>

・アドネットワーク事業者ごとに保有するメディアが異なるため、希望のメディアに配信するには複数のアドネットワークの利用が必要な場合がある。

 

・複数アドネットワークを利用する場合、課金体系や対応する配信手法が異なることが多いため、個別に管理・分析が必要になる。(個別出稿時のような手間はかからないが、上手く運用するための工夫が求められる。)

工数や何を重点的に考えるかなどによりますが、代理店に依頼して管理を任せるのでもいいですし、アドネットワーク事業者が運用代行をしてくれたりもするので、一緒に運用を進めながら自社内で知見を溜めていくのも良いのではないかと思います。

メリット

今後の展望

近年ではターゲティング技術の優れたDSP(※)や比較的新しい配信手法である動画広告など、ディスプレイ広告界隈は我先にと進化を続けています。

アドネットワークについても、データを利用した配信機能やネイティブアドなどの新たな広告規定を設け、他サービスとの差別化を図り優位性を高めています。

スマートフォン向けのアドネットワークでは、アプリ広告主の新しいフェーズとして、アプリダウンロード後、特定の期間アプリを利用しなくなったユーザーに対して再度アプリの利用を促す、「休眠復帰(リエンゲージメント)」と呼ばれる施策の実施が増えてきています。

アドネットワークは、その特性からWebサイトの商品認知、アプリ拡散などに非常に有効だとされてきました。
ですが認知活動だけでなく、ブランディングや購入促進など様々な施策に柔軟に適応をしてきています。
ですので、今後もWebマーケティングの欠かせない広告手法の1つとして常にあり続けるのではないかと考えます。

 

(※)DSP(Demand Side Platform): オンライン広告において、広告主側の広告効果最大化を支援するためのプラットフォーム。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
改めてまとめてみると、アドネットワークとは、もちろん使い方にもよりますが、様々なメリットを持っている優れた仕組みであることが分かりますね。
今回は、ご存知の方も多いと思われるアドネットワークについて、初心から振り返りお話しをさせていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけますと嬉しいです。


nex8のリターゲティングをもっと詳しく

このブログは株式会社ファンコミュニケーションズでリターゲティングサービスを提供しているnex8事業部のメンバーが中心に運営しているメディアです。
中小EC向けに役立つ情報を分かりやすくお届けしています。
nex8に関して少しでも興味を持っていただけましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

脇本奈津

nend事業部での営業サポートを経て、2015年よりnex8事業部で営業・運用を担当。 お客様からのお喜びの言葉を頂けるよう日々精進しています。 四国出身なので本当は西訛りなのですが、標準語が上手くなり過ぎて東京出身と思われ始めたことに自画自賛する近頃です。

こちらの記事も読まれています